1. HOME
  2. ブログ
  3. コロナは怖くない

コロナは怖くない

免疫力を上げる

コロナが猛威を振るう中、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は何の影響も受けずに元気でとても忙しくしています。コロナの過剰な報道で恐怖を植え付けられている方も少なくないと思います。でも、わたしはコロナは怖くありません。なぜなら、普段から食事や睡眠など、普段の生活から気をつけているからです。何を気を付けているのか?というと、免疫力を上げることです。すなわち、体温を上げる事です。その為には体温を上げる食事を摂っています。あと、体が冷えないように薪ストーブで体を温めています。例えば体温を1度上げることで免疫力は5倍上がります。体の冷えは大敵です。

免疫細胞を増やす

免疫細胞の7割は腸に集中しています。すなわち、腸を健全に保ってやれば免疫力は上がるでしょう。納豆や味噌など発酵食品を摂ることで腸内環境を良くし、普段から、便の様子を確認することが大事です。あと、免疫細胞が活発になる時間は寝ているときで、十分な睡眠をとる事が必要です。

腹八分目に医者いらず

先人たちは良く言ったもので、健康の秘訣は食べ過ぎない事です。私の場合ですが、朝食は納豆、みそ汁、ショウガの梅酢漬け、ご飯をお茶碗に1/3程度で、昼食はみそ汁とおにぎり一個にしていて、空腹時を長くとるようにしています。なぜなら、人間の体には一日に数百個の癌細胞ができますが、この癌細胞やウイルスを退治するのが白血球です。この白血球が活発に働くのが空腹時なのです。この食生活が6年ほど続いていますが、風邪一つひいていません。

室内環境を良くする

わが社では、床や壁や構造材に杉を多く使います。杉には、セスキテルペンと言う成分が含まれていて、この成分は免疫力を上げる効果があることは科学的に実証されていて、セスキテルペンは特に杉の赤身の部分に多く含まれているように思います。杉の空気に包まれた室内環境で免疫力を上げながらリラックスした生活はきっと体の調子をあげる事でしょう。

体を健全に保つための改装工事

さて、先日はとある改修工事を施工させて頂きました。床の改修ですが、既存の床は合板が張られていて、室内環境も良くなかったのですが、すべての材を杉の赤身を使用することで室内環境は一変しまろやかな空気に変わりました。また、薪ストーブの施工もさせて頂いたので暖かく健康的に暮らせる家が完成しました。

室内環境が良くなった部屋


PANADERO社 ISLA施工済み
杉の赤身板

やはりコロナは怖くない

コロナに恐怖を抱く人は多いですが、前述のように体を温めながら、普段からの食事、生活習慣、室内環境を整えればコロナは怖くありません。コロナは短時間では収束せずに長期化の様相を呈してきました。長期化するコロナに打ち勝つには普段からの生活を改善することが一番の近道ではないかと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

小川建築のフォローはこちらから